*

幼児に英語を学ばせると得られる5つの良いこと

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 幼児教育

幼児教育・幼児英語という言葉が、ここ数年、以前に比べとても耳にする機会が多くなるように思えます。幼児向けの英会話教室が増えたり、テレビCMもよく流れていて、幼児英語というのが、以前よりも身近に感じているのではないでしょうか。でも、「幼児に英語を学ばせる」っていったい何が良いの??そんな疑問にお答えします。幼児に英語を学ばせると得られる5つの良いことをご紹介します。

幼児に英語を学ばせると得られる5つの良いこと

(1)とにかく、格段に吸収力が良い。

そうなんです。
小学生や中学生などになってから英語を学ぶよりも、
幼児で英語を学ばせ始めたほうが、格段に吸収します。

これは科学的に証明がされており、いわゆる、
「クリティカルエイジ(脳の発達が止まるといわれている年齢)」が来る前に、
学ぶため、脳がどんどん吸収していきます。

よく、「スポンジに水をかけるように知識を吸収する。」なんて、
言われるほど、吸収します。

(2)聞き取り取り能力に強くなる。

よく、「英語を書けるけど、聞き取りが苦手」なんていうお話を聞きますよね。
幼児での英語は上でも書いたように、スポンジのように吸収します。

特に、「5歳くらいまでの間に、聞き取りの能力はある程度完成する。」と、
言われているので、幼児の間に英語を学ばせるのてとても良いことなんです。

大人でも難しいといわれている「L」と「R」の発音の違いも、
幼児期に英語に触れるか触れないかで、変わってくるといわれています。

(3)英語に対する抵抗がなくなる。

幼児の英語は、勉強勉強という感じではなく、
あくまで、「遊びの中で習得できる」ようなものが多いです。

そのため、「楽しい」「面白い」「興味がある」といった感情を、
抱きながら学ぶことが多くなります。
そうなれば、少し大きくなって、英語が「授業」という形で出てきても、
「楽しいものだ」という感情で勉強が始められますよね。

学力向上のうえで、「楽しい」などの感情は欠かせないものの一つです!

(4)コミュニケーション能力が養える。

なかなかマンツーマンで幼児の英語を教える場所は無いと思います。
ということで、
「幼児で英語を学ぶ」=「人と触れ合う」
ということになります。

お母さん・お父さん以外の人に、「触れ合う機会がある」というのも、
お子さまのコミュニケーション能力を養うのにとても良いんです。

(5)表現力が身に付く。

遊びながら英語を学ぶことで、笑ったり、踊ったり、話したり、
いろんな表情やしぐさをすることになります。

遊んでいるけど、いつのまにか、「表現すること」が上手になるんです。
生きていくうえで、「表現すること」ってとっても大切ですよね。
幼児から英語を学ぶことで、表現力が身に付きますよ。

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

♪

「幼児教育にリトミック」って聞くけど一体なに?

幼児教育を行おうと思い、いろいと塾や幼児教室を探しているかと思います。 「学ぶ力を育むもの」や「右

記事を読む

鉛筆とおとこのこ

いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格するために塾に通わせる人も多いよう

記事を読む

047598

子供の教育は小学生になる前に始めよう!!

「子供は遊んでなさい」などと良く言いますよね。 子供は、遊ぶのが大好きですが、いつまでも遊

記事を読む

小学生

私立小学校の学費はいくら?

私立の小学校へ入学を希望されている方へ。 学費は公立小学校や、国立小学校と比べて、高そうなイメージ

記事を読む

女の子

2歳児の言葉の発達、これって遅れているの?

親にとって気になるのが、子供の言葉の発達。 「あの子はペラペラ話しているのに、うちの子

記事を読む

机とイス

勉強机のサイズと椅子の高さを最適化しよう

勉強机で勉強をすると、学校に比べて、何故か集中できない・・・ そんな経験はありませんか? 実は、

記事を読む

子供が英語教材を使って遊んでいる

【幼児】英語教材の比較と注意したい4つのこと

幼児期は、いろいろなことに興味を示し、 様々なことを吸収していくことができます。 そんな

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑