*

いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

鉛筆とおとこのこ

「小学校から私立に行かせたい」

そう思い、確実に合格するために塾に通わせる人も多いようです。

学校ごとに対策方法も違い、戦略を練ることで合格率も変わってくるのが小学校受験。

今回は、小学校受験をする時の塾費用についてご紹介します。

いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

塾に通うにはいくらかかる?

私立小学校に通うには、それだけでお金がかかります。

ですが、それ以前に幼児教室に通うにもお金がかかります。

塾によって費用は変わりますが、例えば東京都内の塾だと、

入会金は30,000円~40,000円程度。

月謝は月額にして28,000円~80,000円が相場です。

それが3年間かかり、さらに夏期・冬季講習や合宿に費用がかかってきます

中には塾をかけもちしたりする人もいますようです。

まずは、小学校受験に至るまでに、

いくらかかるかを計算してみるのもいいかもしれません。

検討している塾に通常の月謝の他にどんな費用がかかるのか

確認することをオススメします。

 

では、実際に塾はどう選べばよいのか?

一番効率が良い方法は、『インターネット』を活用する方法です。

塾の検索資料請求サイトがあるので、それを活用し、塾の情報を集め、

資料請求して、実際に塾が行っている無料体験に参加しましょう。

例えば、「塾予備校ナビ」は、学習塾の代表的な検索サイトです。

小学生~高校生向きのサイトではあるものの、

幼児の塾も検索することができます。

また、子供からおとなまで通うことができる英会話の塾もあります。

また、クチコミ評判が掲載されているため、参考になります。

小学校によって問題傾向が違うので、

行きたい小学校の対策授業をしてくれるところを選ぶのがいいでしょう。

一つの塾を見てすぐに決めてしまうのではなく、実際の授業内容、講師の質、

具体的にかかる費用など、直接塾に聞いて明確にして、

決定するようにしましょう。

 

 

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

塾の教室

【知らないと大損?!】学習塾・家庭教師の4つの中途解約方法とは?

「人気の学習塾に入ったものの、全然成果が上がらない」、 「友達と遊びに塾に行ってしまって、

記事を読む

♪

「幼児教育にリトミック」って聞くけど一体なに?

幼児教育を行おうと思い、いろいと塾や幼児教室を探しているかと思います。 「学ぶ力を育むもの」や「右

記事を読む

四谷学院

大学受験予備校「四谷学院」高校生の料金は?

四谷学院は、難関校の合格に必要な問題の本質を見抜き、 自分で思考することで、『ダブル教育』

記事を読む

電卓と虫眼鏡

塾の費用・月謝の平均を大公開!

塾に通わせたいけど、費用や月謝が高そうで、ためらっていませんか?実は「そこまで高くはない」です。とは

記事を読む

小学生

私立小学校の学費はいくら?

私立の小学校へ入学を希望されている方へ。 学費は公立小学校や、国立小学校と比べて、高そうなイメージ

記事を読む

047598

子供の教育は小学生になる前に始めよう!!

「子供は遊んでなさい」などと良く言いますよね。 子供は、遊ぶのが大好きですが、いつまでも遊

記事を読む

子供が英語教材を使って遊んでいる

【幼児】英語教材の比較と注意したい4つのこと

幼児期は、いろいろなことに興味を示し、 様々なことを吸収していくことができます。 そんな

記事を読む

パソコンを使う女の子

おすすめの通信教育ランキング5選!!

いつでも、どこでも、パソコンやタブレットさえあれば、 勉強することができ、月額の費用も比較

記事を読む

フィルム

塾の面白いCMまとめ【保存版】

最近では、ヤマトタケルでお馴染みのみすず学苑を、皮切りに塾の面白い、インパクトのあるCMが次々と出て

記事を読む

yoji_eigo

幼児に英語を学ばせると得られる5つの良いこと

幼児教育・幼児英語という言葉が、ここ数年、以前に比べとても耳にする機会が多くなるように思えます。幼児

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑