*

小学生が勉強のやる気を出す方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 小学生

「勉強しなさい!」小学生のお子様を持つどこの家庭も、母親や父親が
必ずといっていいほど、言う言葉ですよね。

そう、どこの家庭でも言っているので、日本の小学生達はなかなか勉強を
してくれない傾向にあるようです。何故勉強しないのでしょうか。答えは簡単、
「つまらない」からです。私自身も小学生の時は勉強は大嫌いでしたね。

ただ、考えても見てください。自分の子供が勉強のやる気が満ち溢れていたら、
周りの友達に、かなり差がつけられると思いませんか?受験をさせるなら尚更重要なことですよね。子供が勉強のやる気を出す、簡単な方法をお教えしましょう。

まずは、本を開かせよう

教科書等の勉強道具は基本的には本です。最近ではipadやスマートフォンなど、デジタルな教育方法もありますが、まずは本を読むことに慣れさせましょう。いきなり教科書を読破しろ!なんて言っても、当然してくれません。最初はゲームの攻略本や漫画でも良いです。(できれば字が多めの)

私のおすすめは、集英社から出版している漫画版『日本の歴史』です。漫画でわかりやすく歴史も覚えられちゃう本で、常に人気のある本です。ちょっとお値段は高いですがamazonでセット売りしているので、まとめて購入することをおすすめします。高くても元をとれるかなと私は思います。

テストの点数が上がったらご褒美をあげよう

家庭によってはこの方法は賛否両論だと思います。甘やかしているとのお声も聞こえそうですが、実はこの方法は、非常に効果的なんですよ。
大人の私たちでも、何か褒美があれば頑張りますよね?子供も一緒です。

ただ注意なのは、「勉強をしたら褒美をあげる」ことは絶対にやめましょう。
勉強のやる気を出すことに関しては有効ですが、勉強は継続することが重要なので、
何かご褒美がないと、やってくれなくなってしまう性格になってしまいます。

テストであれば、勉強しなければ良い点は取れないですし、何より本人が達成感や優越感を味わうことができるので、今後自発的に学習をしてくれる可能性が高まりますので、
子供の好きなものや、レストランに連れて行ってあげる等の、喜ぶ物をご褒美にしてあげましょう。

勉強をしなさい!は禁句

「えっそうなの?」と思われた親御さんいるのではないでしょうか。癖のように勉強しなさいと叱っている親御さんを、良く見かけますが、実はこれは逆効果なんです。

小学生の年頃だと苦手や嫌いなことを命令しても、ただ嫌になってしまうだけで、
仮に勉強机に腰を下ろしても、勉強に身が入らず効率が悪いだけでしょう。
ではどうすればいいでしょうか。答えは「何も言わないこと」
上記で紹介した漫画で勉強ができる本を、「これ面白い漫画だから読んでみな」と話したり、テストの点数が上がったら、遊園地連れて行ってあげるよと、いうように極力自発的に
勉強させましょう。この環境を続けることで、勉強にやる気が出てくるでしょう。

とにかく勉強が出来たら褒めまくりましょう

ただ褒めるのではないんです。褒めまくるんです。
小学生だけでなく、中学生でも高校生でも、褒められれば嬉しいんですが、
小学生の場合は、特に効力を発揮します。褒め方ですが、具体的であればある程効果的だと思います。例えば、「勉強1時間もやったの?偉いね!」「数学で因数分解できるようになったんだ!凄いね!」と言えば子供も俄然やる気を出して、勉強してくれるでしょう。
ただ親自身が子供を褒めすぎて、疲れちゃう事もあるんで、そこは子供の為を思って我慢して褒めてあげて下さい・・・。

塾・学習塾に通いましょう

正直一番これが効果あります。やはり教えてくれる先生達は、勉強のプロフェッショナルなので、やる気を持続させやすい勉強法や、コツをしっかりと教えてくれます。ただ、
お金はかかるので、家庭環境によっては難しい方法なのかもしれませんね。
とはいえ、子供に割く労力は確実に減りますし、勉強に対する悩みも無くなるので
費用対効果としては間違いなく良いです。
具体的な塾に通うメリットはこちらをご覧ください。

⇒小学生を塾に通わせることで得られる4つのメリット!!

まとめ

結局小学生の勉強のやる気を出すためには、親である私たちが頑張らないといけないのです。何もしていないのに、「うちの子が勉強してくれなくて・・」と愚痴をこぼしていませんか?まずは上記の方法を試してから、悩みましょう。子どもが小学生のうちに、勉強を習慣化してあげることで、中学生、高校生、大学生生活はとても楽しいものになると思いますし、親の希望にも叶えられる確率が、一気に上昇するでしょう。
面倒な部分もあると思いますが、子供のために堪えて、私たちから子供にやる気を出させる習慣をつけていきましょう。

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

英語物語

小学生におすすめ!無料で出来る英語ゲーム

小学校での英語授業が必修化となり、小学生が英語を勉強して、 覚えることが必要になってきました。

記事を読む

男性がメガホンを使っている

滑舌をよくする2つの方法

滑舌が悪いことがコンプレックスで、 受験やアルバイトなどの面接が苦手な方はいませんか? 生徒

記事を読む

音楽を聴く女性

勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くないでしょう。 学生たちの多

記事を読む

047598

子供の教育は小学生になる前に始めよう!!

「子供は遊んでなさい」などと良く言いますよね。 子供は、遊ぶのが大好きですが、いつまでも遊

記事を読む

英語

いつから始める?無料でできる小学生の英語教育

小学校では、現在、5年生から英語の授業が必修になりました。 5~6年で、年間35単位の授業

記事を読む

勉強机

勉強机の方角を変えて勉強運UP!

子供の勉強運がアップし、勉強ができるようになる、 風水による、勉強机の方角はご存知ですか? 風水

記事を読む

朝勉強

勉強をする時間帯は朝がおすすめの理由とは?

最近流行している「朝活」というキーワード。 朝に勉強をすることで効率よく勉強をすること

記事を読む

お母さんと子供

子どもに、「勉強する意味を上手に伝えるため」に知っておきたい2つのこと

お子さまが小学校高学年・中学校になってくると、「なんで勉強しなきゃいけないの?」と思うことが、多くな

記事を読む

女の子

頭のいい子の育て方にはコツがある

小学校や中学校のクラスに、必ず1人2人はいる頭のいい子。成績も内申点が良く、定期テストもいつも点数が

記事を読む

ポラロイド写真

思わず感心!面白い自由研究10選!

夏休みの宿題といえば、 まっさきに「自由研究」が思い浮かぶのではないでしょうか。 私も「夏休み=

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑