*

いつから始める?無料でできる小学生の英語教育

公開日: : 勉強法, 小学生

英語

小学校では、現在、5年生から英語の授業が必修になりました。
5~6年で、年間35単位の授業を受けることになります。

そこで心配なのは、
「自分の子供が英語の授業についていけるか?」ではないでしょうか。

お金をかけなくてもできる、小さい頃から、
無料ではじめられる、英語の学習について調べてみました。

無料でできる!英語の学習3つ

NHK教育をフル活用!

NHKのEテレでは、語学の番組も多くあります。
例えば、「えいごであそぼ」は、
小さい子供でも見ることができる英語の番組です。
毎日、10分ずつ見せることもできます。

また、「おとなの基礎英語」、「テレビで基礎英語」は、
難易度もそこまでではないので、
忘れてしまった英語を、再学習したい人にもおすすめです。

より高度な英会話を、学びたいなら「スーパープレゼンテーション」、
「ニュースで英会話」といった番組もあります。

図書館で英語の絵本を!

英語の絵本なら、ママでも読めるものがたくさんあります。
読み聞かせとして、英語の絵本も、読んでみるのはどうでしょうか。

図書館に行けば、無料で英語の絵本も読むことができるので、
子供に選んでもらって、読むのも楽しそうですね。

また、図書館によっては、英語の童謡CDを、
無料貸し出ししているところもあります。

本やCDを買わなくても楽しめるので、
近くの図書館を、探してみるのもいいでしょう。

無料アプリで遊びながら英語を!

最近では、無料アプリで、英語学習ができるものも多いです。
「英語で600お気に入りの子供の歌free」は、英語の歌を楽しめる無料アプリで、
「Lola のABCパーティー FREE」は、単語を学ぶことができる無料アプリです。

スマホ学習は、賛否両論がありそうですが、
お出かけの時の、グズり対策にもなります。

ドライブ中や、ママ友とのランチ会で、
子供が、手もちぶさたになってしまった時など、
外に、おでかけした時にも、使えそうです。

いかがでしたか?
英語塾に通わなくても、自宅で簡単にはじめられる英語教育。
親も、一緒に復習しながら、英語を学んでいけるといいですね。

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

女の人 声掛け

見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると思います。 そんな受験生

記事を読む

講師

勉強の効率を上げる5つの方法

勉強を頑張って、テストの点数を上げたい、 成績を上げたい方は大勢いらっしゃると思います。

記事を読む

朝勉強

勉強をする時間帯は朝がおすすめの理由とは?

最近流行している「朝活」というキーワード。 朝に勉強をすることで効率よく勉強をすること

記事を読む

047598

子供の教育は小学生になる前に始めよう!!

「子供は遊んでなさい」などと良く言いますよね。 子供は、遊ぶのが大好きですが、いつまでも遊

記事を読む

時計

【学年別】夏休みの勉強時間はどのくらい?

みなさんは、どのくらい夏休みに勉強しようと考えていますか? ある学習塾の調査では、40

記事を読む

勉強に集中できていない男の子

勉強に集中できない方にオススメの7つの方法

学習効果を導き出すために、 学習塾などで、学習効果=学習時間×集中力という式を良くみかけま

記事を読む

英語物語

小学生におすすめ!無料で出来る英語ゲーム

小学校での英語授業が必修化となり、小学生が英語を勉強して、 覚えることが必要になってきました。

記事を読む

国語と書いてある画像

苦手な人、さらに伸ばしたい人の為の、国語勉強法まとめ

  国語は、勉強の基礎になり、受験でも重要な教科。 そんな国語の勉強法

記事を読む

さんすうの文字

小学1年生の算数って、どんな内容なの?

「うちの子はお勉強について行けるかしら?」 初めて学校で、教育を受けることに、 不安を抱

記事を読む

女性

教えます!明日から英語の発音が良くなるコツ!

中学生になると、英語が本格的に「勉強」となります。 その英語は、学校の定期テスト(中間・期末)で、

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑