*

滑舌をよくする2つの方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 中学生, 小学生, 高校生

滑舌が悪いことがコンプレックスで、
受験やアルバイトなどの面接が苦手な方はいませんか?

生徒の中でも、勉強は出来るのに、滑舌が良くないことで、
面接で力を発揮できず、志望校に落ちてしまった生徒や、英語でリスニングは
出来るものの、発音が悪い生徒もいます。
そんな学生を減らす為にも、是非これから教える滑舌をよくする2つの方法で、
コンプレックスを解消できれば幸いです。

滑舌が悪くなる原因

滑舌が悪くなる原因は大きく二つあります。

一つ目は、「母音を正しく発声できていない」こと。
例えば「らくだ」をアルファベットで表記すると「RAKUDA」になり、
母音は「A U A」です。
この「A U A」をうまく発声できていないと、滑舌が悪く聞こえます。

二つ目は、「舌が緊張して固くなっている」こと。
試しにわざと、舌に力をいれて喋ってみてください。
どうですか?うまく喋れましたか?
恐らく、うまく喋れず、ぎこちない発声になったかと思います。
舌はとても繊細で、力を入れてなくても、話すことにコンプレックスがあれば、
緊張してしまい、知らずの内に力が入ってしまいます。

滑舌をよくするトレーニング

前述した二つの原因をそれぞれ改善していけば、
驚くほどスムーズに話が出来るようになりますので、
是非実践してみてください。

母音を正しく発声するトレーニング

①まず母音だけを出す練習をする。
言葉は何でもいいので、母音だけを繰り返し発声して、
明確に出せるようにしましょう。
出来れば、毎日1分間を連続して、繰り返し発音すると効果的です。
(例)「はじめまして」⇒「あいえあいえ」
「おはようございます」⇒「おあおうおあいあう」
②舌を柔らかくする練習
舌先を下あご付近に付けたり、舌先を意識したりすると、
硬くなってしまうのでやめましょう。
喋る時に、肩を思いきり上げて、ストンっと一気に力を抜いて喋ってみてください。いかがですか?口元の力が抜けて、喋りやすくなっていると思います。
この方法は、カラオケなどで歌うときに、力が入ってしまう方にもおすすめの方法です。
もちろん、毎回喋るたびに力を抜くのは、おかしな人になってしまうので、
一度力を抜いて、その力が抜けた感覚を普段から意識してみましょう。

それでも改善されないあなたへ

改善トレーニングはすでに試して、全く治らないよ!
とお困りの方におすすめなのが、「ボイストレーニング」の本です。
書店にいけば、腐るほどボイトレの本があるので、片っ端から読んでみてください。
著者はみんな滑舌改善のプロフェッショナルです。実は、滑舌改善のトレーニングは
、紹介した以外にも、割りばしを使った方法など、山ほどあります。
人によっては効果が出る出ないありますので、
ボイトレの本を読みまくって、様々なトレーニングをする事が改善するための
確実な方法です。

私のおすすめ本こちら

  • 「言葉と声の磨き方 一瞬であなたの印象を変える技術」
  • 「秋竹朋子の声トレ! 一瞬で魅了する「モテ声」と「話し方」のレッスン
    (美人開花シリーズ)」
  • 「伝わる声の出し方・話し方 毎日5分の朗読トレで身につく!」

まとめ

滑舌がコンプレックスになってる人にとって、「話すこと」は、
苦痛以外の何物でもありません。しかしながら、話すことは人生において、
何百回も何千回も訪れることでしょう。そして、面接や発表会などでの
成功にも関わってきます。
皆様も、滑舌を良くして、会話を「苦手」から「得意」に変えて、
人生も変えてみませんか?

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

勉強したくない

勉強したくない時の3つの解決法

みなさんは勉強が嫌いですか? 嫌いでも、好きでも勉強はしなくてはいけない時が、 学生の内は多々訪

記事を読む

koukoujukenjuku

高校受験合格に塾が必要とされる4つの理由

高校受験をするために、塾に通う方は多い事でしょう。 また、必要か迷う方も多い事でしょう。

記事を読む

英語

いつから始める?無料でできる小学生の英語教育

小学校では、現在、5年生から英語の授業が必修になりました。 5~6年で、年間35単位の授業

記事を読む

名言

【厳選】勉強のやる気が出る名言

勉強なんていくつになっても誰でもやりたくないものですよね。 しかし、誰でも、学校でも社会でも、成功

記事を読む

学生

授業中の眠い時に目が覚める3つの方法

今この記事を読んでる中学生や高校生や大学生のあなたは、きっと、 過去に授業中に寝てしまい先生に

記事を読む

お母さんと子供

子どもに、「勉強する意味を上手に伝えるため」に知っておきたい2つのこと

お子さまが小学校高学年・中学校になってくると、「なんで勉強しなきゃいけないの?」と思うことが、多くな

記事を読む

おじさんと女の子

生徒が塾の先生に恋した話【まとめ】

塾の先生と生徒の恋愛は、この業界にいると良く聞きます。 恋愛に発展するパターンで多いのが、生徒が先生

記事を読む

スマートフォン

スマホで勉強する「スマ勉」が流行している理由

みなさんはスマ勉をご存じであろうか。 スマートフォンやタブレットを使って勉強をすることを、巷では「

記事を読む

勉強している小学生

小学生が勉強のやる気を出す方法

「勉強しなさい!」小学生のお子様を持つどこの家庭も、母親や父親が 必ずといっていいほど、言う言葉で

記事を読む

女の人 声掛け

見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると思います。 そんな受験生

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑