*

漢字を簡単に覚える2つの勉強法!!

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 勉強法

漢字の夏

国語のテストでも、必ず出てくる漢字。
漢字は、しっかりと勉強すれば、
テストの得点力アップを、図ることのできる分野です。

皆さんは、この漢字を疎かにしてはいませんか?
また、「漢字は嫌いだ」とか、「勉強しても沢山ありすぎて、
そんなに覚えられないよ」などと、諦めてはいませんか?

そんな方にも、しっかりと身に付く、
お勧めの漢字の勉強方法を、ご紹介します。

簡単な読みから勉強スタート

漢字の読みは、読めるかどうかのチェックだけします。

時間効率も非常に良いですし、出来なかった所を反復して、
チェックしていくだけで、自分の分からない漢字を把握することが出来ます。

分からなかった所は、一週間程おいて、再チャレンジしましょう。
そうすれば、自ずと、漢字の読みが身につきます。

何度も間違える漢字は、馴染みのない漢字だと思います。
その時は、その漢字が、
どんな時に使われているのかを、調べてみてください。

例えば、「訴訟」という漢字が分からないとします。
「訴訟」は、「そしょう」と読みますが、
全く見たことのない人にとっては、想像もつかないことでしょう。

その場合、意味をまず考えます。

「訴訟」の意味は、
第三者機関を通して、争い事を解決することです。
主に、裁判などでよく使われ、裁判所に判断を仰ぐ場合に、
訴訟を起こすなどと使われることが多いです。

このように、色々とその漢字について、知識を得ることで、
どんな風に使われているのかが分かり、想像もしやすくなります。

このようなアプローチで、
漢字の読みを完璧に覚えていくことが出来るでしょう。

漢字の書きは…部首を考える!

漢字には、ほとんどの場合、意味があって、構成されています。
そこで、まず、部首の意味を覚えてしまうことが良いです。
なぜなら、部首は、その漢字が、
どんなものなのかをカテゴリーとして分けているからです。

例えば、魚「さかなへん」です。
鯵や鮪、鯖、鰯など、魚に関わる漢字に、
魚「さかなへん」が使われています。

そのため、漢字で、「マグロ」を覚える時には、
魚「さかなへん」が使われているということを意識すれば、
その右側の「有」を覚えれば良いだけなので、簡単に覚えることが出来ます。

これは、他の部首に関しても言えることで、
「さんずい」では、「海」、「湖」、「潮」、
「にくづき」では、「腕」、「脚」、「股」など、
カテゴリー別に漢字を、スムーズに覚えることが出来ます。

書いて覚えるだけではなく意味を考えて覚える

漢字は、昔から、漢字練習帳があるなど、
沢山書いて、覚えていくことが多いと思いますが、
それだけでは、単純作業になってしまい、
その時に、覚えているだけで、
しっかりと身についていない場合が多いです。

そのため、漢字を覚えるときには、
漢字の意味や自分なら、どのような時に使うかを考えながら、
覚えていくとイメージに残り、覚えやすいでしょう。

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

机とイス

勉強机のサイズと椅子の高さを最適化しよう

勉強机で勉強をすると、学校に比べて、何故か集中できない・・・ そんな経験はありませんか? 実は、

記事を読む

月

勉強する時間帯を変えて効率アップしよう!

勉強の効率を上げる為にあたって、必ず考えるのが「時間帯」。 果たして、どの時間帯に勉強をすれば、一

記事を読む

国語と書いてある画像

苦手な人、さらに伸ばしたい人の為の、国語勉強法まとめ

  国語は、勉強の基礎になり、受験でも重要な教科。 そんな国語の勉強法

記事を読む

タイピングオブザデッド

タイピング練習ができる無料ゲーム【まとめ】

インターネットを活用して、勉強することが増えてきてから、 若い頃からパソコンに触る機会が、多くなっ

記事を読む

アイポッド

音楽を聴きながらの勉強は効果が高いって本当?

結果をいうと「嘘」です。 場合にもよりますが、基本的には、効果が低いようです。 「音

記事を読む

女性

教えます!明日から英語の発音が良くなるコツ!

中学生になると、英語が本格的に「勉強」となります。 その英語は、学校の定期テスト(中間・期末)で、

記事を読む

男の子が勉強している

中学生が家庭学習を効率的に行う方法

まず、はじめに、 しっかり勉強をして、「何かの目標達成・志望校合格」を 目指すのであれば、塾に通

記事を読む

名言

【厳選】勉強のやる気が出る名言

勉強なんていくつになっても誰でもやりたくないものですよね。 しかし、誰でも、学校でも社会でも、成功

記事を読む

勉強している男の子

高校受験合格に必要な知識 -数学編-

数学は、得意・不得意が別れやすい科目です。 特に、文系が得意な方には、苦手意識が強いのでは

記事を読む

講師

勉強の効率を上げる5つの方法

勉強を頑張って、テストの点数を上げたい、 成績を上げたい方は大勢いらっしゃると思います。

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑