*

これだけ守れば大丈夫。中学の定期テスト勉強法

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 中学生

新学年が始まり、5月も終盤。
やってまいりました定期テストの季節。
そして、その定期テストは、各学期の成績に大きく影響が出ます。
受験に重要な内申点にも、反映の要素が大きいです。

そんな新学年になってからの初めての実力テストで、
良い点数を取り、良いスタートを切りたくありませんか?
今回は、中学定期テストのおすすめ勉強法をご紹介します。

中学定期テストのおすすめ勉強法その1 ~余裕を持って準備しよう~

準備は7~14日前から。

定期テスト対策は、中間テスト(5教科)であれば、7~10日前頃、
期末テスト(9教科)であれば、10~14日前頃から始めましょう。

そして、しっかりとした学習計画を立てましょう。
具体的には、「何日の、何時から何時までは、この勉強をする」といった形です。
これを、紙に書いていつでも見れる位置に貼っておきましょう。
貼ることで常に意識し、ごまかすことが出来なくなり、しっかり取り組むようになります。

テスト2日前までに全テスト範囲の勉強を終える

これが出来ていないことが結構多いです。
前日に全範囲が終わる学習計画を立てていると、
「どこかでつまづいたときに、どこかを流すように勉強する」ことや、
「振り返って全体を見ることができない」など、
着実に理解するうえでの障害となります。

必ず、2日前には全テスト範囲を終えるように学習計画を立て、
テスト前日には、全テスト範囲を総復習する時間にあてましょう。
短期間でも、「繰り返し勉強」を行うことで、着実に理解が深まります。

中学定期テストのおすすめ勉強法その2 ~教科に合った勉強法を知る~

メインとなる、国語、数学、英語、社会、理科。
必ず、教科別に、それぞれに合った勉強を行いましょう。

国語

国語は、勉強法を知っていれば、
「もっとも点数の取りやすい教科のひとつ」と言われています。
勉強法は下記の通りです。

  • (1)テスト範囲の本文中に出てくる漢字を、全て書けるようにする。
  • (2)言葉の意味は大体ではなく正確に把握する。国語辞典を引いて確認する。
  • (3)本文に出てくる言葉の、「対義語」、「類義語」を調べる。

そのうえで、ノートを見直し、本文を2~3回黙読する。
あとはこれを繰り返します。びっくりするほど理解できます。

数学

数学では、とにかく「公式を使いこなせるようにすること」です。
そのために、テスト範囲の問題を大量に、何度も何度も解きます。
一番、量をこなしたほうがいいのが数学です。

テスト範囲の教科書の問題を解き直し、問題集も行います。
数学は公式に当てはめて計算するだけなので、
「量をこなして、公式を覚えること」を徹底しましょう。
ケアレスミスのような計算間違いにだけ注意しましょう。

英語

英語は、テスト範囲を20回繰り返し読みましょう。
とにかく本文を覚えることが、テストの高得点へと繋がります。
文法、語彙など全て暗記できるレベルまで、ひたすら読みましょう。

同時に、テスト範囲で初めて習う英単語は、何度も書いて覚えましょう。
まっさらなノートに、テスト範囲の英文を書けるようになれば、かなり期待できます。
また、英語は、「もっとも日数を掛ける教科」といわれています。
暗記も短期間では脳が覚えきれないため、長い日にちをかけて毎日英語に触れましょう。

社会

社会は、地理と歴史が中心になると思います。
地理に関しては、地図帳を何度も何度も開き、見て覚えましょう。
歴史は、時系列を理解しながら、「とにかく教科書を読むこと」が大切です。
定期テストでは、「年代」が問題になることが特に多いので、
教科書を最低でも20回は読み、暗記しましょう。

「この年代には、こういう出来事があって、そのあとにこれが起こる」
というように、歴史の流れを考えながら読むと、覚えやすいです。
ある程度覚えたら、一問一答形式で勉強し、理解できているか確認しましょう。

理科

理科は問題を解くというよりも、理解することが大切です。
理科は特に、注釈部分などがテストに出たりします。
教科書の細部まで、読み込み、覚えていきましょう。
ひたすら、教科書のテスト範囲を読むことで点数は取れます。
理科は問題数が多くなるので、早く解くことも大切です。
テスト形式で時間を区切り、何問解けるか日々確認することもお勧めです。

いかがでしたでしょうか。
中学校の定期テストでは、ひとつの教科での高得点よりも、
全教科をまんべんな取るほうが大切です。
そのほうが内申点は良い数字になります。
この先に控える高校受験のためにも、しっかり対策を立て取り組みましょう。

あなたに絶対おすすめな記事

関連記事

学生

授業中の眠い時に目が覚める3つの方法

今この記事を読んでる中学生や高校生や大学生のあなたは、きっと、 過去に授業中に寝てしまい先生に

記事を読む

チョコレート

勉強に集中できる4つの食べ物

勉強に集中するための手っ取り早い方法は、 「勉強に集中できる食べ物を食べる」ことです。 これから

記事を読む

タイピングオブザデッド

タイピング練習ができる無料ゲーム【まとめ】

インターネットを活用して、勉強することが増えてきてから、 若い頃からパソコンに触る機会が、多くなっ

記事を読む

女性

教えます!明日から英語の発音が良くなるコツ!

中学生になると、英語が本格的に「勉強」となります。 その英語は、学校の定期テスト(中間・期末)で、

記事を読む

お母さんと子供

子どもに、「勉強する意味を上手に伝えるため」に知っておきたい2つのこと

お子さまが小学校高学年・中学校になってくると、「なんで勉強しなきゃいけないの?」と思うことが、多くな

記事を読む

勉強したくない

勉強したくない時の3つの解決法

みなさんは勉強が嫌いですか? 嫌いでも、好きでも勉強はしなくてはいけない時が、 学生の内は多々訪

記事を読む

名言

【厳選】勉強のやる気が出る名言

勉強なんていくつになっても誰でもやりたくないものですよね。 しかし、誰でも、学校でも社会でも、成功

記事を読む

くまが本を読んでいる

理解力が2倍アップする正しい本の読み方

本や教科書の内容がなかなか理解できない・・とお困りのあなた。 実は、本や教科書をうまく読むことによ

記事を読む

男性がメガホンを使っている

滑舌をよくする2つの方法

滑舌が悪いことがコンプレックスで、 受験やアルバイトなどの面接が苦手な方はいませんか? 生徒

記事を読む

カレンダー

高校受験の勉強時間はどれくらい必要?

初めて「受験」を経験するのは、高校受験が多いのではないでしょうか。 初体験である故に、どれくらい勉

記事を読む

鉛筆とおとこのこ
いくらかかる?小学校受験をする時の塾費用

「小学校から私立に行かせたい」 そう思い、確実に合格する

女の人 声掛け
見守ることが大事?受験生への励まし、応援の言葉とは?!

限られた時間の中で、 受験生はみんな必死で頑張っていると

本を読む男の子
これで突破!成績アップするための古典の勉強方法とは

国語の教科でも、苦手な人が多いのが古典です。 そんな古典

女子高生スマホ
スマホで勉強、高校生の活用法おすすめのアプリとは?

現代の子どもたちが携帯電話を持つことは当たり前になりましたが、

音楽を聴く女性
勉強のやる気を高める音楽とは

「勉強したい!」 ・・・なんて思う学生はそんなに多くない

→もっと見る

PAGE TOP ↑